ガラス交換

ヒビや割れてしまったガラスを交換いたします。

一般的なガラスは在庫がございますので、まずはお電話くださいませ。

また断熱や防犯性能のあるガラスへの交換も承ります。

透明なガラス

一般的な透明のガラスです。フロートガラスといいます。

住宅の窓では3mm・5mmの厚さがよく使われています。

間仕切りといったガラス障子では2mmの厚さが使われます。

不透明なガラス

目隠しのためのガラスです。お風呂など光を入れたいけど視界を遮りたいところに使われます。

ツルツルの面とデコボコの面があり、デコボコ面が光を拡散させます。

型板ガラスやすりガラス、フロストガラスといった種類があります。

型板ガラス

住宅の窓でよく使われるガラスです。

4mm・6mmの厚さの霞ガラスと2mmの厚さの梨地ガラスがあります。

すりガラス

ガラスの片面を砂で擦ることで表面をデコボコに加工しているガラスです。

くもりガラスやケシガラスとも呼ばれます。

すり加工をグラデーションにすることもでき、和室でよく使われています。

汚れがつきやすく落ちにくいですが、光をやわらかく拡散します。

フロストガラス

すりガラスの表面を化学処理でなめらかにしたガラスです。

型板ガラスよりもきめ細かく汚れもつきにくいため、店舗などでよく使われます。

タペガラスやタペストリーガラスとも呼ばれます。

網入りガラス

ガラスの中にワイヤーが入っているガラスです。

火災の時にガラスの飛散を防ぐための役割があります。

一般的には6.8mmのガラスがよく使われます。

網が菱形に入っているもの、格子状にクロスしているもの、縦に入っているものと3種類あります。

それぞれに透明と不透明のガラスがあります。

ガラスの中に金属が入っている性質上、熱割れやサビ割れが起こることがあります。

特殊なガラス

製法や構成が特殊なガラスです。

メーカーにて受注生産となりますので、現調・お見積りをいたします。

ご依頼を頂いてから修理交換作業までにお時間をいただきます。

強化ガラス

強化ガラスは割れたときに粉々になり怪我をしにくいため、学校の校舎でも多く使われています。

普通のフロートガラスの3 – 5倍程度の耐風圧強度を持っています。

ただし尖ったものなどの衝撃には耐えられず、防犯効果は期待できません。

透明・不透明、両方の強化ガラスがあります。

複層ガラス(ペアガラス)

ガラスとガラスの間に空気やガスの層を挟んで一枚のガラスになっている特殊なガラスです。

挟まれた中空層が断熱効果を生み、冷暖房効率を高めてくれます。

使用するガラスの種類や厚み、中空層の厚みや種類によって様々な種類の複層ガラスがあります。

稀に中空層に空気が入り込んで結露してしまう内部結露といった現象がおこることがあります。

そのためメーカーが10年といった保証をつけていることが多いです。

合わせガラス

複数のガラスを樹脂で接着したガラスです。

樹脂の中間膜があるため、割れても貫通しにくく防犯効果が期待できます。

また中間膜に特殊なフィルムを用い、遮音や遮熱ができる合わせガラスがあります。